飲み過ぎ・吸い過ぎと精力

 

お酒やたばこは精力に関係してくるのか?

 

タバコやお酒が好きという人は、精力にさまざまな影響が与えられていることを知る必要があると思います。

 

精力剤を利用したとしては、日常生活からタバコやお酒を過剰に摂取していては意味がないのです。少しでも効果を高めるためには、喫煙と飲酒のことを知っていくことが重要です。

 

タバコはEDと深い関係にあることが分かっています。勃起不全の患者の多くは喫煙者であることが分かっており、精力を高めたいという場合には禁煙をすることをおすすめします。

 

タバコの中毒性のある成分として知られているニコチンですが、中毒性だけではなく血管を収縮させてしまう作用があります。血管が収縮してしまうと勃起しにくくなってしまい、勃起不全に繋がります。勃起力を向上させるためには血行を良くすることが必要なため、血行を悪くしてしまうタバコは避けるべきです。

 

飲酒も勃起不全に繋がってしまう原因のひとつになります。お酒を大量に接してアルコールが過剰に体内に入ってくると脳に影響を与えます。脳にアルコールの影響があると性的興奮などが抑制されてしまい、勃起しにくくなってしまったり、勃起をしても射精しない状態である射精不全になってしまう場合もあります。少量であれば問題はなく、脳が適度なリラックス状態を維持することができるため少量のアルコールであればむしろおすすめともいえます。

 

このようなことから、タバコは禁煙してアルコールを控えていくことが男性にとっては重要であることが分かります。

 

より効果的に精力を増強させるためには、ファーストフードなどの外食や肉ばかり食べているような乱れた食生活は止めて、生活習慣を見直し、なるべくストレスは溜め込まないようにするほか、ウォーキングやスクワットなど下半身を中心とした運動を心がけ、締め付け感のある下着ではなく血行の良くなるゆったりとした下着を選び、入浴などをして血行を良くし、足りない栄養をサプリメントで補っていくことなどが良いとされています。