タマネギ食べてる?

 

 

仕事などを意欲的に行いたいがいまいち元気が出ない、など精力に関して悩むことがあります。男性の方独特の悩みでサプリメントやドリンク剤など様々なものが市販されていますが、身近な野菜でも精力増強に効果があります。

 

精力増強に効果があるのはタマネギです。タマネギは健康にも良く、血液がサラサラになる、脂質異常症や動脈硬化など生活習慣病予防になるということでも知られています。

 

タマネギは切ると独特の臭いと涙が出ることがあります。タマネギには硫化アリルという成分が含まれており、体内で分解されアリシンという物質に変わります。この硫化アリルはにおいや辛みの成分でニンニクなどにも含まれています。アリシンは疲労回復の効果があるビタミンB1と結びつき、アリチアミンという物質を作り出します。アリチアミンは持続性があり、ビタミンB1の効果も持続させることができます。そのためビタミンB1だけでなく硫化アリルを取り入れるだけで効果は倍増され、スタミナも持続され、精力増強にもつながっていきます。

 

また、タマネギにはポリフェノールの一種であるケルセチンという苦味成分が含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用が強く、美容としても若返りとしても効果がある成分です。血管や筋肉の老化も遅らせる効果があります。勃起には海綿体へつながる動脈に血液を多く送る必要があり、血管を十分に広げないといけません。ケルセチンは血管を若返りさせることもできるので継続して摂取すると良いでしょう。

 

ですが硫化アリルは熱に弱いので加熱すると効果は半減してしまいます。効果的に摂取するには生のタマネギをたくさん食べないといけません。また、ケルセチンは水にさらしてしまうと苦味成分が半減してしまいます。効果を十分に得るには生のタマネギをさっと水にさらして食べるのが良いでしょう。サラダなどに加えてたり、マリネにしたりして毎日の食事に取り入れると継続しやすくなります。

精力増強といえばすっぽん??

 

精力増強にはタマネギ・スッポンを食べると良い?

 

精力増強といえばすっぽんというくらい、昔から滋養強壮にいい食材として日本や中国では食べられてきました。栄養価もとても高く病弱であったりお金持ちが好んで食べる高級食材とした面もあったので、一般の人には名前は知っていても実際に食べたことはないという人も多くいました。
しかし養殖などの技術の発展により今では身近な食品へと変わってきています。

 

なぜ昔からすっぽんがいいといわれてきたのかといえば、滋養強壮にいいということからわかるようにとても栄養価が高く、いろいろな栄養成分が含まれているからです。
それこそ滋養強壮や精力増強、美容に血液をきれいにする生活習慣病の予防まで様々な効果が期待できます。
また鍋や唐揚げ、生き血などおいしい料理にすることができるのも魅力でしょう。

 

おいしい物を食べて栄養もたっぷりと補給できるのがすっぽんの魅力です。
すっぽんに含まれている栄養素ですが、特に注目したいのがアミノ酸です。特に体内でつくることができない必須アミノ酸と呼ばれる栄養素が10種類あるのですが、すっぽんにはこの10種すべてが含まれているのです。

 

次にコラーゲンもたくさん含まれている栄養素です。
コラーゲンといえば肌をきれいにする成分であり、関節を丈夫にしてくれる働きもあります。これも年齢と共に減少していく成分なのですからすっぽん料理で補給してあげる必要があります。

 

血液をさらさらにしてくれて、コレステロールや中性脂肪を減らしてくれるリノール酸もすっぽんに含まれている栄養素です。
その他にもビタミンやミネラル、カルシウムといった栄養がバランスよく含まれています。
ですから人が活動するために必要栄養を効率よく補給することができる食材なのです。
当然身体が元気になれば精力増強にもつながりますし、健康で病気になりづらい身体作りに繋がります。
そしてすっぽんのエキスを効率よく毎日補給するためには、ドリンクやサプリメントがおススメです。