カツアーバ

 

 

カツアーバとはブラジルのアマゾン川流域に自生する植物で、現地では先住民族のチュピ族が昔から伝承的に滋養強壮や催淫、興奮効果のあるハーブとして使用していました。現代でもその薬効の高さからアメリカやヨーロッパではハーブ療法の際に用いられていますし、日本でも主に精力剤などの成分として使用されています。ただし生の状態では外来生物を持ち込む危険性があるので木や枝を乾燥して粉砕し、粉末状にしたものが輸入されています。

 

効能には催淫効果や性欲の増量、インポテンツの改善といった性機能やセックス力の向上がありますが、これはカツアーバに含まれる重要成分カツアビンによって中枢神経が刺激されるからで、男性に対してはペニスの増強効果、女性に対しては媚薬としての効果が期待できます。それだけでなく他の精力増強成分と同様に疲労回復や滋養強壮にも効果が認められています。カツアビンとはアルカロイド類で本来は猛毒を含むグループに属するものなのですが、それだけではなくがんやウイルスから体を守ってくれる働きもあります。カツビアンにはAからIまで複数の種類が存在しますが、カツアーバに含まれるものはカツアビンA、B、Cの三種類だけで、この三つが組み合わさることで直接神経を刺激したり血流が増量するといった効果が得られるのです。

 

カツビアン以外にもタンニン類やアロマ系オイル、非麻薬性のコカインが含まれていてこれらも中枢神経を刺激する効果があり、服用することで男性ホルモンの働きを高めEDなどによる勃起不全が回復することを期待できるのです。含まれる成分の大半は精力増強や血流の増量に機能するものですから、副作用というものが気になりますが、基本的に無いようです。強いてあげれば強く効き過ぎる方は用量を抑えてみるとよいでしょう。ただし他のものでもそうですが、持病等がある方はあらかじめ医師に相談してからの方が安心できます。妊娠中や授乳中の方に関しては念のため使用を控えた方が良いでしょう。

ムイラプアマ

 

カツアーバ・ムイラプアマの精力増強効果について

 

精力増強に適したサプリメントと言えば、日本人の間では亜鉛サプリが人気です。
しかし、新しくムイラプアマという天然由来の成分が登場しました。
クサヤやカキやレバ刺し等に含有される亜鉛に対して、ムイラプアマはアマゾン奥地に自然に生える植物から抽出されます。
共に天然由来の成分という共通点がありますが、ムイラプアマエキスの方がより精力増強に効果的です。

 

亜鉛は基本的に食物に含まれる栄養素の一つに過ぎません。
対してムイラプアマは、薬の成分として使われる程、効果が強力なものです。
ムイラプアマが採取される地元では、EDを治せる植物として有名であり、樹木まるごとが薬やサプリメントの原材料として採用されています。
男性の夜の生活を助ける健康成分が配合されており、精力増強に加え、EDの改善効果が高く期待出来ますので、既にいくつかのサプリメントを試してみたが、あまり良い結果が得られなかった方は、ムイラプアマ系の製品を一度試しておきましょう。

 

ムイラプアマは採取地であるブラジル国内はもちろん、欧州でも医薬品として用いられる確かな成分です。
具体的な効果として挙げられるのが、ストレス緩和と月経痛の改善、消化不良の解消、そして男性に嬉しいED予防効果と性欲の増大効果になります。
実際にムイラプアマを飲んだ男性の多くが、精力増強を実感しています。
性欲は男のガソリンであり、適度にセックス欲が湧き上がる事で、勉強や趣味、恋愛の世界でも良い成果が出せるようになります。

 

更にムイラプアマには、一般的な医薬品に見られる副作用がありません。
植物由来の天然成分という事もあり、適正な摂取量さえ守っていれば、特段副作用に苦しむ恐れはないでしょう。
全ての健康成分に当てはまる事ですが、精力増強を期待するあまりに、1日の間に倍以上の量を飲んでしまえば、予期せぬ体調不良が生じます。
しかし、消化不良や気分の悪さ、肝機能の低下などの体調不良が出る原因はムイラプアマそのものではなく、あくまで過剰摂取が要因ですので、その点だけは気をつけて飲み始めましょう。