空腹時は満腹時と比べて、精力が高まります。

 

 

食事は人間の生命維持に大きく関わっており、栄養を摂らないと人間は死んでしまいます。空腹時の人間は、しばらく栄養が体に入ってきていなので、体として危険性を感じています。もしかすると死んでしまうかもしれないと、体は思っているのです。そのような命の危険を感じている時は、子孫を残さねばと男性の体は本能的に思うので、精力を高める機能が働きます。男性にはこういった機能があるのです。

 

精力の減退を感じている人は、食事前に性行為をしてみると、精力アップの対処法となります。精力に不安を覚えている男性は、たったこれだけで精力アップを期待できます。ただ注意が必要で、これは精力アップの対処法に過ぎません。精力がない原因を根本的に解決するわけではないので、その辺は考慮しなければなりません。精力を高めるために、日頃から亜鉛やタウリン、アルギニンなどを多く含む食事をすることが大切になります。食事で摂れない成分をサプリメントで補ったり、血流をよくするために適度に運動をしたり代謝を高めることも大切になります。

 

一方で、満腹時は生命の安定を感じているので、自然と性欲が収まります。また、満腹になると眠気が出てきます。性欲は人間の中では大きな欲求ですが、睡眠欲も大きな欲求です。眠気が精力を奪うことは、医学的にも報告されています。

 

とは言え、食後に性行為をするのが現実です。デートや食事の後になるのが一般的な流れですしそうならざるを得ません。また、女性は空腹時よりも満腹時の方が性欲がアップします。女性は、胎児のための栄養素を十分に補給できた状態で子供を授かろうとするので、満腹時に性欲が高まります。食後に性行為をするケースが圧倒的に多いのですが、そのような時は腹八分目までにし満腹になるまで食べないように意識するのが大切です。食べ過ぎてしまうと、眠気が出てきますし、栄養を摂ったことで体も安心して精力を発揮しにくい状態となります。

健康的な食生活を

 

え?空腹時は精力がアップ?精力を弱める食べ物は?

 

年齢を重ねるにつれて下半身の衰えを感じてくる男性は多いですが、いくら精力剤を服用しても、なかなか効果が実感できないという悩みも多くあります。しかし、ここで大切なのが精力剤よりも、まずは自身の生活習慣を振り返ってみることなんです。というのも、精力を弱めてしまう食事や生活習慣を知らず知らずのうちに送っていることが原因となっていることが多いからです。

 

よく知られているところでは、アルコールやタバコです。精力剤の主な効果として、血液を促進させることで下半身を元気にしていくというものです。しかし、タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させる働きが知られていることから効果が実感しにくく、ヘビースモーカーであればあるほど下半身の改善はしにくい傾向にあります。こうした精力を弱めてしまうものは食べ物にもあります。

 

特に中年あたりから気を付けたいのが「トランス脂肪酸」です。ファストフードなどに多く含まれていことから分かるように、唐揚げなどの揚げ物に多く含まれていることが知られています。会社の飲み会などで、ビールのおつまみに唐揚げなんていうことはよくありますが、実はこうした食生活が知らず知らずのうちに精力を衰えさせていたということも十分に考えられるのです。

 

また、トランス脂肪酸は生活習慣病のリスクも上げるため、健康の観点からもなるべく控えるようにすべきです。健康診断などでコレステロール値が高い方や、生活習慣病予備軍を医師から指摘されているのであれば、やはりこうした生活習慣が精力減退の主要因といえます。まずは、日々の食事から見直していくことからはずめてみてはいかがでしょうか。その上で精力剤を服用することによって、同じ製品であっても効果が全く違ってくるはずです。

 

健康的な食事が、実は自然と下半身の悩みを解決してくれる重要な要素であることが分かったと思います。まずは、唐揚げなどの脂っこい食事から見直していきましょう。