バイアグラ・レビトラ・シアリスの違い

 

バイアグラ・レビトラ・シアリスについて

 

バイアグラ・レビトラ・シアリスの違いは、有効な成分が異なることが第一に挙げることができます。

 

バイアグラには、有効な成分であるシルデナフィルクエン酸塩が含まれています。
レビトラには、有効な成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物が含まれています。
シアリスには、有効な成分であるタダラフィルが含まれています。

 

バイアグラに含まれているシルデナフィルクエン酸塩とレビトラに含まれているバルデナフィル塩酸塩水和物の化学的な構造が非常に似ていますが、シアリスに含まれているタダラフィルはバイアグラやレビトラと異なる構造をしているため分解されにくく、バイアグラやレビトラと違って効き目が長時間持続するという特徴があります。

 

バイアグラとレビトラ、シアリスに共通していることは、性的な刺激を与えて勃起をサポートする効果があるということで、服用をすると、たちまち勃起する薬ではないということです。

 

また、他の共通点として、どの薬も共通して血管を広げる作用があるため、人によって症状の現われ方に差があるものの副作用として、ほとんどの人に顔がほてってしまうという症状が現われるということが挙げられます。

 

飲酒をすると動悸がしたり、頭痛がしたりする方は、ED治療薬を飲んだときも、副作用として動悸がしたり、頭痛がしたりする可能性が高いです。
飲酒をすると動悸がしたり、頭痛がしたりする方はED治療薬を頭痛薬と一緒に服用することによって副作用が和らげられます。
服用してから効き目が現われる時間や効果が持続する時間にそれぞれ特徴があります。

 

バイアグラとレビトラについては効き目が現われる時間が早い分、効果が持続する時間はおよそ四時間から五時間ぐらいなのが特徴ですが、シアリスについては効き目が現われる時間が遅い分、効果が持続する時間はおよそ三十時間から三十六時間ぐらい持続するという特徴があります。

 

副作用の症状には顔がほてってしまったり、目が充血したり、鼻が詰まりやすくなったりと症状の現われ方も人によって差があるため、バイアグラとレビトラ、シアリスをそれぞれ服用して判断するのも一つの方法です。