20代で勃起障害?

 

20代で勃起障害に悩みを持つ男性もいる?

 

男性は加齢によって男性ホルモンの分泌量が少なくなるので勃起障害になりやすいですが、20代ですでに陥っている場合もあります。20代の若い男性に多いのが心因性の勃起障害です。体は健康で勃起を阻害する要因がなくても、精神的なことが原因となります。男性はもともと繊細な心を持つ人が多いですが、20代は特に感受性が強いので周囲の影響を受けやすく精神的なストレスが溜まる時期です。

 

性行為が始めての場合は過度の緊張によって勃起しないことがあります。そして次の性行為でも同じことが起こるのではないかと余計に不安になって、悪循環に陥ります。緊張や不安による興奮が性的興奮を上回ってしまうのが原因です。女性に慣れていない男性に多く、正常に勃起させるにはリラックスすることが重要です。またアニメや漫画が心に悪影響を与えていることもあります。

 

バーチャルな世界の女性ばかりを見ることで、現実の女性に興奮しなくなると、性行為をする時も興奮が脳に伝わらないので勃起しません。この場合、生身の女性と性行為をしない代わりにバーチャルの女性で自慰行為をしてしまいます。すると自慰行為で満足してしまい、将来女性と交際しても接し方が分からずに自分の殻に閉じこもるようになります。20代男性に多いので、バーチャルから離れて現実を見られるように対策しなければなりません。

 

20代後半で該当者が増えるのが、特定の相手とだけ起こる勃起障害です。自分の彼女や配偶者には勃起しませんが、風俗など他の女性には性的興奮を感じるのが特徴です。長い間パートナーと過ごすことで見た目に新鮮さがなくなり、女性として見られなくなったのが原因です。女性の方も心を開いているので愚痴をこぼしやすくなり、男性の性欲そのものを削いでしまいます。

 

20代後半になると家庭を持って子供を育てる世代に突入するので、彼女が結婚を迫ったり配偶者が妊娠を希望したりと、何かとプレッシャーが増えます。