精力剤どこで買う?

 

精力剤・精力サプリメントで簡単に精力アップする方法!

 

精力剤をどこで買おうか悩む人も多いですが、まずは自分が精力剤に対してどんな効果を求めているかが重要です。ひと言で精力剤と言っても、滋養強壮のために用意されたものや、精力増強、男性の性機能の改善を目的としたものなど様々です。とりあえず仕事の疲れを吹き飛ばしたいという気持ちであれば、薬局やドラッグストアなどで販売されているドリンク剤などでも問題はないでしょう。しかし、継続的に利用して普段の疲労を回復させたり仕事や色々な行動を起こすための活動力を増強させたいと考えている人は、さらに踏み込んだ精力剤を考える必要があります。

 

精力剤は薬局やドラッグストアなどで一般的に販売されており、パッケージを手にとってどういったものかを確認しながら選ぶことができるのが実店舗の強みですが、こうした販売店では精力剤としての効果は薄いものが多く、見た目通りに効果がしっかり出るものが置いてあることは珍しいと言えます。特に複数の有効成分をまとめたようなものは滅多になく、価格も安いので効果も値段なりと言ったところでしょう。漢方薬をベースにしたものは評価も高くある程度の効果を発揮しますが、それでも満足できるという人は少ないようです。精力剤の販売は店舗に置くスペースや流通の問題、自社だけで取り扱うことでコストを軽減できることから最近ではネット通販での取り扱いが多く、評判の良いものはほとんどが通販での購入となります。

 

通販で売られているものの多くは有効成分となるものが多く配合されており、場合によっては100種類以上もの配合量となっているものも存在します。当然ながらそれだけの成分を用意するため、1万円を超えるような非常に高価な精力剤となるため、薬局やドラッグストアでは取り扱いが難しくなるものです。そうした高価なものでも販売できるため、通販では販売がしやすく、定期コースを用意することで通常価格よりも安く販売できるというメリットがあります。継続的に使用する場合は、消費者にとってもお得に購入できるため、現在はネット通販による売買が主流となっています。

精力剤・精力サプリメントについての解説

男性ホルモンが分泌される量は年齢によって異なります。

 

精力剤・精力サプリメントで簡単に精力アップする方法!

 

基本的に若ければ若い方が活発に分泌されます。成長期を迎えていない子どもたちは例外ですが、俗に言う思春期の頃から活発に増加し、10代後半から20代にかけて、その分泌量はピークを迎えてます。
性欲が最も高まる時期と男性ホルモンの値は丁度リンクします。
恋愛やセックスに関心が自ずと出てくるのは、そういった本能的な流れが大きく関連しているためです。

 

30代を迎えますと、男性ホルモンの分泌量が低下し、更にそこに職場や家庭での責任感が加わる事で、男性個人の精力は、若い時期に比べて格段に落ち込み始めます。

 

精力剤として定番なのは、マカや亜鉛、高麗人参、天然由来のハーブといった男性に嬉しい健康成分が配合されたサプリメントです。
しかし、近年ではよりカジュアルに精力増強を図ろうと、エナジードリンクや栄養ドリンクを代用品として用いる方々が出て来ました。

 

サプリメントよりも気楽に購入出来ますし、遠方のドラッグストアに行くよりも毎日立ち寄るコンビニの冷蔵庫で美味しそうに冷えているエナジードリンクや栄養ドリンクの方が魅力的に映るためでしょう。
実際にそういったドリンク類には、サプリメントのような栄養成分が多量に配合されています。
マカや高麗人参のエキス、亜鉛やアルギニン、ナイアシン等が、飲み物を摂るだけで摂取出来ますので、ある意味でサプリメント以上に楽です。

 

アルギニンとナイアシンには男性機能を高める促進効果があるとされ、
特に前者には疲労の解消、血の巡りを治す作用があり、ペニスが立ちやすいコンディションをサポートします。
またエナジードリンクや栄養ドリンクには、コーヒー等でお馴染みのカフェインが配合されている事もあり、
カフェイン由来の酔い覚まし効果ややる気アップ効果が同時に得られますので、飲酒した後にペニスが萎えやすくなる状況を、間接的にではありますが治す働きが得られます。

精力剤は医薬品とは異なり薬局や通信販売でも手に入れることができます。

 

精力剤・精力サプリメントで簡単に精力アップする方法!

 

精力増強剤、強精剤、強壮剤、性欲増進剤などさまざまな名称で市販されているものはいずれも精力剤の一種に分類されます。

 

医師の処方を受ける医薬品とは異なり、体質改善によって元気を取り戻す効果が期待できる、いわば栄養剤のような役割りをするものです。でも、医薬品ではないからと言って勃起不全などの症状の改善に全く効果がないわけではありません。勃起不全の状態は加齢によるものがその主な理由であり、その程度や状況は人によって変わります。常日頃からのストレスが原因で若い年齢でも勃起が起きないと言う人もいれば、身体は健康で内蔵は特に丈夫な高齢者が若い人には負けないくらい元気だと言う例も少なくありません。

 

勃起不全はEDと呼ばれる状態を表すものであって、病名をあらわしているものでありません。勃起不全の状態は多くの場合年齢を重ねたことによる老化現象がその原因の主なものですが、その現象を早まらせてしまう可能性が高いのが普段の生活習慣や不規則で偏った食生活による栄養不足です。医師に処方してもらうED治療薬は、その人がどんな体調なのかに関係なく物理的に血流を促進させることで勃起を起こさせる仕組みであることに対し、精力剤と呼ばれるものはその人の体力が戻るように体質改善することで勃起不全の状態を解消しやすい体調に整えるのが目的です。

 

精力剤というのは成長ホルモンを促して体調を整えることによって精力を向上させる効果が期待できるものなので、ED治療薬のように強制的に勃起を起こさせるものとは根本的に違います。けれども、精力の減退を回復させ、体調を良くすることで健康的に元気に疲労を回復させる効果もあり、その結果勃起不全の状態を解消することに繋がるものなので、医師に処方してもらう医薬品ではないからと言って勃起不全の改善に効果がないということではありません。

滋養強壮って?

 

精力剤・精力サプリメントで簡単に精力アップする方法!

 

滋養強壮とは、滋味のある栄養を食物などから吸収して、生命力を増大させることです。筋肉を作る成分としては、アミノ酸が代表的であり、栄養ドリンクにはタウリンが配合されています。造血のために必要な鉄分は、不足すると貧血の症状が出ることがありますから、滋養強壮に良いとされるウナギを土用の丑の日に食べる伝統も根付いています。

 

漢方の分野では、人体を構成する気血水を作る栄養を摂取するために、甘味が豊かな食品を食べることも行われてきました。穀物の甘味は胃腸に相当する脾胃を潤すため、お米を食べる文化も発達しました。日本人が主食にする粳米も滋養強壮の効果が高いですから、病み上がりにはお粥を食べる伝統があります。お米にはアルギニンなどのアミノ酸も含まれていますから、滋養強壮作用に加えて、強精作用も同時に働くことになります。

 

滋養強壮という言葉を聞けば、ニンニクなどの香りが強いスパイスを連想することも多いですが、寺院では敬遠されてきました。ニンニクに含まれるスタミナ成分は多くの人には有益ですが、僧侶の煩悩を開花させてしまう恐れもあったのです。世界の歴史の中では、グロテスクとも思える食材が珍重されて、滋養強壮の効果が謳われてきました。代表的なものには、マムシやオットセイなどがあり、薬用酒や生薬の原料として利用されています。スッポンの見た目も強烈ですが、滋養成分の塊となる食材であることが知られ、古代中国の宮廷でも珍重されました。

 

滋養強壮には強烈な響きがありますが、実際には安価な健康食品を食べても実感できるため、家庭でお馴染みの納豆や味噌も同様な性質を持っています。江戸時代の人は、調子が悪いときには納豆汁を食べて、健康を整えていました。夏の蒸し暑い季節には、飲む点滴とも呼ばれる甘酒を飲むことも流行していました。冬虫夏草や朝鮮人参などの貴重な材料がある一方で、山芋やクコの実などの身近な食材にも滋養強壮作用があることは、多くの人にとってうれしい事実です。

 

アルギニン

 

 

アルギニンは、アミノ酸の一種で、人の体内では、血管を広げて血液の流れを良くする作用があります。一般にアミノ酸はタンパク質の元になっていて、人の体の2割はタンパク質ですから、必須な物質です。

 

精力剤・精力サプリメントで簡単に精力アップする方法!
アルギニンは、上記の血流を良くする効果があるばかりでなく、血糖値を調整するインシュリンの分泌を促したり、成長ホルモンの分泌も良くなります。そして、精力が減退している人には、血流が良くなることや成長ホルモンの分泌が盛んになることで、勃起力が甦るばかりでなく、精子の数が増えて、その能力も高くなります。また、血糖値の調節が上手くできなくなりますと糖尿病になりますが、この病気の人は精力が衰えるので、その予防にもなるアルギニンは間接的にも精力剤の役目をします。
十分なアルギニンを食事から摂るのは中々難しいですから、サプリメントに頼ることになります。アルギニンは精力剤として使われる他に、高血圧の予防や筋肉増強、老化の抑制、脳卒中などの血管系の病気の予防のためにも使われます。このような効果効能を得るためには、アルギニンの1日当たりの摂取量が2000mg(2g)から4000mg(4g)必要だといわれています。さらに、スポーツを専門に行なっている人では10000mg(10g)以上を摂取することもあるそうです。

 

しかし、アルギニンのサプリメントをそのまま大量に摂取しますと、食道や胃に負担をかけますので注意が必要です。今のサプリメントには食道や胃にやさしい製品もありますし、そうでない製品でも、レモンなどに含まれているクエン酸で中和して摂取しますと体の負担も軽くなります。

 

副作用としては、上記の胃などをわるくしたり、下痢をするなど消化器系のものと、腎臓に負担をかける等がしられています。それ故、精力剤あるいはその他の目的でも同じですが、サプリメントでアルギニンを摂取する時には、体の状態と相談して適量(最大でも5000mg、5gが目安)を摂取するようにします。

シトルリン

 

精力剤・精力サプリメントで簡単に精力アップする方法!

 

精力剤の有効成分としてよくみかけるもののひとつに、シトルリンとよばれる物質が存在します。このシトルリンというのは、アミノ酸の一種ですが、実は戦前の日本において発見されたもので、スイカのなかに含まれる成分であったことから、スイカのラテン語の学名の一部をとって名付けられたものです。この物質は、スイカにかぎらず、ウリ科をはじめとする植物や、動物の体内にも含まれているものです。

 

シトルリンは、体内に吸収され、アルギニンとよばれる別の物質に変換される途中の段階で、一酸化窒素を発生させることがわかっています。より正確にいえば、オルニチン、シトルリン、アルギニンとよばれる物質が、次々に変換されるようなしくみが人体には備わっており、これをオルニチン回路ということは、学校の理科の教科書などでもおなじみのものです。

 

一酸化窒素には、体内の血管を拡張して、血液のめぐりを良くするというはたらきがあり、これが精力増強という効果を生み出すもとになっています。病院で処方されるED治療薬なども、実は男性の性器の海綿体の平滑筋を収縮させ、血液のめぐりを悪くしてEDの症状を引き起こしている酵素を阻害することで、逆に海綿体への血液の流れをスムーズにし、持続力を高めることを意図していることから考えてみても、シトルリンのすぐれたはたらきが理解できます。

 

また、シトルリンには成長ホルモンの合成および分泌を促す効果もあります。成長ホルモンは、筋肉や骨格を形成するためにだいじな物質ですが、思春期、青年期には分泌がさかんであるものの、その後年齢を重ねると分泌されなくなってしまいます。シトルリンを意図的に摂取することで、成長ホルモンの分泌を促し、若々しいからだを手にすることができるのです。したがって、特に筋トレやスポーツで体力増強に取り組んでいるという人にとっては、このシトルリンを含んだサプリメントなどの製品は、かかせない存在となっているわけです。

シトルリンのサプリについて